アポスティーユ・領事認証

認証取得サポート > 卒業証明書


「卒業証明書」の『認証』(リーガリゼーション)とは、通常、その真正性を担保する目的で、日本国内の学校により発行された「卒業証明書」に「アポスティーユ」または「公印確認+領事認証」を取得することをさします。


『認証』は、リーガリゼーションの他に、リーガリゼイション、リーガライゼーション、リーガライゼイション、書類の合法化などと呼ばれる場合もあります。


サイトトップ ページトップ お問合せ


卒業証明書の『認証』(リーガリゼーション)について


『認証』の種類

外国向けの公的な『認証』(リーガリゼーション)には、
・アポスティーユ
・公印確認+領事認証
の2種類があります。


認証の種類

ハーグ条約参加国・地域向け

書類の提出先の国・地域がハーグ条約に参加している場合は、アポスティーユによる認証を受けることができます。また、その国の駐日公館が領事認証に対応している場合は「公印確認+領事認証」の方法によることもできます。


ハーグ条約非参加国・地域向け

書類の提出先の国・地域がハーグ条約に参加していない場合は、「公印確認+領事認証」の方法による認証を受けるのが原則です。


サイトトップ ページトップ お問合せ


私立学校の卒業証明書に対するアポスティーユについて

日本国外務省は私立学校の証明書に対しては直接アポスティーユによる認証を行っていません。


この私立学校には、独立行政法人化した旧国公立大学その他を含みます。


「直接アポスティーユによる認証を行っていない」とは、私立学校が発行した卒業証明書の原本を外務省の窓口に持参をしてもアポスティーユ申請が受付られないということです。これは、外務省が、独立行政法人はアポスティーユ付加の対象となる国または地方公共団体の機関としていないことによります。


私立学校の証明書に対するアポスティーユ

このため、私立学校の卒業証明書にアポスティーユを取得する場合は、宣言書方式などにより公証を経てアポスティーユにつなげる方法が多く採用されています。


当事務所では、公証手続きに使用する「宣言書」の起案、公証役場の手続き代理、アポスティーユの取得など承っております。


「卒業証明書」と「卒業証書」の違いについて


「卒業証明書」とは

ここで「卒業証明書」とは、卒業後、卒業生からの請求により、学校から発行される証明書をさします。証明書のタイトルは学校により異なります。 国公立では無料の場合が多いようですが、私立の場合は数百円から千円程度の手数料がかかるようです。基本的に、必要に応じて何度でも発行される性格の証明書です。


外国の手続きで、卒業の証明が求められた場合は、原則、こちらの「卒業証明書」の利用をご検討ください。



「卒業証書」とは

ここで「卒業証書」とは、卒業時に、一度だけ発行される書類です。通常、硬紙を使用し毛筆風の文字で記載され一見すると豪華なものです。高等教育機関(大学、大学院)では、「学位記」などとして発行される場合もあります。
「卒業証書」は一度しか発行されないもので、これに認証を付けると他の目的で使用できなくなる可能性があります。また、「卒業証書」は本人が手元に保存する性格の書類です。この為、外国向けの書類認証では「卒業証書」ではなく、上の「卒業証明書」の使用をご検討ください。


「卒業証書」に認証を付けるのは、通常、留学生が母国に帰国し、母国で学位の移行手続きを行う場合など特殊な場合です。


サイトトップ ページトップ お問合せ


アポスティーユ・領事認証の取得サポート


お手続き代理・代行

外国の査証(ビザ)申請時などに要求される『「卒業証明書」の認証』のお手続きの代理・代行を承っております。 卒業証明書に認証(アポスティーユ・領事認証)を緊急に確実に取得したい、認証の手続きまで微妙に手が回らない、認証(アポスティーユ・領事認証)の取得方法がよく分からないなどという場合に、是非、ご利用下さい。


私立学校の証明書

提出先がハーグ条約加盟国であっても、独立行政法人化した旧国立大学を含む私立学校の証明書の原本には直接アポスティーユを受けることはできません。 認証をとる方法としては、公証を介してアポスティーユまでつなげる方法、または、公印確認の後に在日領事による領事認証を取得する方法などがあります。 私立学校の証明書の認証でお困りの場合、是非、ご依頼ください。


★☆★重要なお願い★☆★

私立学校(旧国公立大学を含む)の証明書に関しては、ハーグ条約加盟国の場合の方が処理手続きが複雑になる場合があります。 特にご本人が既に海外におられるというようなケースでは余裕を持ってご依頼下さい。



サイトトップ ページトップ お問合せ


お問合せ


●お問合せ区分
問合区分
見積もり希望
 
●利用予定書類
認証を受ける書類
高校の卒業証明書
大学(学部)の卒業証明書
研究科の修了証明書
大学院(修士)の修了証明書
大学院(博士)の修了証明書
その他
学校名(お見積もりには正式な学校名が必須です)

書類は、
既に取得済み これから取得予定
 
●認証レベル
認証の種類
「アポスティーユ」を要求されている
「領事認証」を要求されている
「認証/legalization」を要求されているが詳しくはよくわからない
その他
 
●通数など
通数

(書類の種類が複数の場合はそれぞれの通数もわかるようにご記入ください。)
 
●提出国など
提出国

提出先

(在外公館などに提出する場合は○国にある△国大使館領事部、学校系は○国にある△国系のインターナショナルスクールなどできる限り正確にご入力下さい。)
使用目的
留学・就学など学校関係手続き
ビザ・永住権など入管関係手続き
就職先に提出など就労関係手続き
その他
 
●被証明者(証明が必要な当事者)
氏名
フリガナ
  
年齢
性別
メール

・正確なアドレスの入力がないと当事務所からの回答は届きません。正確にご入力ください。
電話

郵便番号

住所

・この欄には海外の在住の場合でも必ずその実際の住所・居所をご記入下さい。
・対応の可否の判断、送料の計算等のため市区町村までの住所情報は必須となります。
 
●お問合せ頂いている方(上の被証明者と異なる場合)
当事者が成人になられている場合は、その当事者ご本人よりお問合せ下さい。
氏名
フリガナ
  
関係
  
メール

・正確なアドレスの入力がないと当事務所からの回答は届きません。正確にご入力ください。
電話

郵便番号

住所

・この欄には海外の在住の場合でも必ずその実際の住所・居所をご記入下さい。
・対応の可否の判断、送料の計算等のため市区町村までの住所情報は必須となります。
 
●会社名(法人でお問合せ頂く場合にご入力下さい)
会社名

部署名
  
 
●通信欄
通信欄

・当事務所からの回答は原則メールで行います。正確なメールアドレスのご入力をお願いいたします。
・お名前は当事務所からのご回答の必須項目とさせて頂いております。お名前のないお問合せに対しては回答しておりませんので予めご了承ください。
・お名前、ご住所及びメールアドレス以外は任意項目ですが、ご入力いただく情報が多いほど正確なお見積もりがだせます。尚、どのような業務をご依頼予定かが特定されないとお見積もりは作成できません。業務内容が特定できる程度の情報は必要です。
通常、メールの受領確認を速やかに行なっております。
2日以上経過しても何ら連絡が行かない場合は、メールの事故などの可能性が考えられますので、お手数ですが電話などでご連絡下さい。
具体的な認証処理の手順・方法・必要書類などは、正式なご依頼の後に、実際の事務処理の中で必要に応じてご案内させて頂いております。
【個人情報のお取扱について】
ご提供いただく個人情報はご依頼いただく業務の遂行(見積もりの作成を含む)に利用します。アポスティーユ・公証等のご依頼については、外務省、公証役場など公的な機関に対して、その業務の完了に必要な範囲内において、個人情報を開示することになります。翻訳業務等の一部外部委託、または、他事務所との共同受任等の必要が生じた場合、事前にその旨をご連絡いたします。個人情報の照会を希望される場合には、ご本人であることを確認した上で、合理的な範囲で速やかに対処します。